大気圧バリア放電、プラズマ、殺菌、脱臭、表面処理、有害ガス分解、環境対策、カビ、ウイルス、耐熱性薄膜

世界一安いプラズマ技術の提供を目指して

いろんなことに興味をもつ技術者の日々の心境の変化を披露します。

プラズマによる表面処理(金属編)

プラズマのエネルギーは金属表面の酸化膜を除去する性能を持っています。

アルミで実験をしてみました。
 
まず銅から説明します。
 
Rimg048501
 
 
銅線をテープで固定してプラズマを照射します。
 
 
 
Rimg049301
 
 
60分後には銅の光沢がなくなり、表面がザラザラになってしまいました。
これをよく見ると
 
 
 
Rimg049701
 
 
プラズマが当たったところはザラザラになっていますが、テープでカバーされてプラズマが当たらなかった部分は最初の光沢が残っています。
 
次にアルミの実験結果もお知らせします。
 
Rimg052001
 
アルミ表面に水滴をたらして、アルミの撥水性を確認します。
これから線の上部にプラズマを照射します。
 
Rimg052301
 
 
プラズマ照射後また水滴を垂らします。
上下で水滴の姿が変化しています。
まず、上部は
 
 
Rimg052601
 
 
撥水性がなくなり、水滴が広がっています。
表面が親水性に変化しています。
それでは下部はどうかというと
 
 
Rimg052401
 
 
最初と変わらず撥水性を保っています。
 
このように金属表面の酸化膜を取り除くことが可能になります。
 
最後にこの実験に使ったプラズマ装置は
 
 
Rimg050701
 
 
こんな簡単な装置でもこれだけの性能を発揮出来ます。
それぞれの用途に合ったプラズマ発生装置をカスタマイズすることでプラズマのエネルギーを最高のレベルで発揮出来るようになります。
 
いろんな分野での応用を考えてみませんか。