大気圧バリア放電、プラズマ、殺菌、脱臭、表面処理、有害ガス分解、環境対策、カビ、ウイルス、耐熱性薄膜

プラズマをもっと身近な技術にするためのページ

いろんなことに興味をもつ技術者の日々の心境の変化を披露します。

お風呂のピンクカビの正体は酵母菌

f:id:techfp8329:20190203203424j:plain

浴室

水回りはカビやヌメリがすぐに発生しますよ。

ピンク汚れは排水口のまわり、床、シャンプーやリンスのボトルの底、石けん受けの下などによく発生します。発生する場所がカビとほぼ同じことから、カビだと思う人が多いのですが、実は「ロドトルラ」という酵母菌の一種で、カビではないのです。

ただし、ピンク汚れは放っておくと黒カビが生えやすくなるので注意が必要です。


お風呂のピンク汚れ「ロドトルラ」の原因は?

 

酵母菌「ロドトルラ」はカビより増えるスピードがはやい菌で、洗剤などにも強い菌のため、頻繁に発生してきます。

 

ちょっとこするとすぐ落ちたように見えますが、実は目に見えない菌が残っているので、しっかり掃除をしたつもりでもすぐに発生してしまいます。

また、ピンク汚れやは石けんカスが大好きです。石けんカスが栄養源になり、そこに水分が加わるとすぐに汚れが発生してしまいます。

ピンク汚れは、水さえあれば繁殖していきます。しかも、たとえ水を切ったとしても乾燥にも強いため、菌を死滅させることはできません。

だいぶ前にも書いたけど、乾燥に強く薬品も効きにくい厄介な菌ということが出来ます。これは菌がバイオフィルムと呼ばれる膜を作るために起きる現象です。

 

プラズマ発生機をご利用いただいている方の実験によれば浴室のカビを除去することが出来たということですし、ピンクカビにも効果があったというご報告を頂いています。

 

お風呂場だけでなく、キッチンや洗面所等のカビにお困りの方ぜひ一度ご相談下さい。