大気圧バリア放電、プラズマ、殺菌、脱臭、表面処理、有害ガス分解、環境対策、カビ、ウイルス、耐熱性薄膜

世界一安いプラズマ技術の提供を目指して

いろんなことに興味をもつ技術者の日々の心境の変化を披露します。

新年の第一弾

2018年の最初はちょっとマジックのようなお話です。


今や半導体や電子機器の製造には欠かせないエポキシ樹脂のお話です。

エポキシの王道といえばこれ

Rimg1572

液状のエポキシの代表格です。

これを仕様通り180℃2時間で硬化させると右側のような色づいた樹脂になってしまいます。

Rimg1561
拡大すると

Rimg1563

エポキシ樹脂の優れているところは電子機器の進化の中で証明されていますが、耐熱性が高く、透明性に優れているエポキシは今だ登場していないと言っていいと思います。

しかし、弊社でちょっと手を加えると180℃にさらしても変色しないエポキシが完成しました。

Rimg1562

これであれば工学系の用途にも十分に対応出来ると考えています。

LED周辺の部品だけでなく、ライト周りのレンズカバー等にも十分に対応可能です。

エポキシの新しい一歩を見つけ出す技術者の方のお力になれる素材だと考えています。電子機器だけでなく、自動車関連の技術者の方にもぜひ検討していただきたいと考えています。