大気圧バリア放電、プラズマ、殺菌、脱臭、表面処理、有害ガス分解、環境対策、カビ、ウイルス、耐熱性薄膜

世界一安いプラズマ技術の提供を目指して

いろんなことに興味をもつ技術者の日々の心境の変化を披露します。

プラズマの効果 まずは水から

プラズマ放電が起きている領域を通った空気を水に通すとどんな変化が起きているかご紹介します。簡単な実験だけど、メダカの池の水を用意してプラズマエアーを注ぎ込んでみました。

Rimg167501
 
池の水をメッキしたビーカーに取り分けました。
 
Rimg167701
 
そして、2時間後の結果がこうなります。
まずはプラズマ処理をしたほうです。
 
Rimg169901
 
続いてプラズマ処理をしないで2時間たったものです。
 
Rimg170001
 
2本を比べてみると
 
Rimg170101
 
はっきりと水の透明度が違ってきました。
またデータ的にはプラズマ処理した水の方が電気抵抗が高くなりました。
これは導電物質としての化学物質や有機物が減少していると考えています。
さらに化学的なデータでは水のPHが上がって弱酸性だったのが弱アルカリ性に変化しました。
 
今でも大規模な浄水場などではプラズマ処理が行われていますが、ものすごくコストがかかってしまっています。出来れば低コストで水の正常性が保たれるシステムが必要だと思ってます。こんな技術を使ってもっと安いコストで水の安全性を一緒に考えてくれるメーカーはないでしょうか。人間の暮らしの中で水の問題って重要だと思いますがいかがでしょうか。