大気圧バリア放電、プラズマ、殺菌、脱臭、表面処理、有害ガス分解、環境対策、カビ、ウイルス、耐熱性薄膜

変わった開発者のブログ

ナノの世界に足を踏み入れると常識では考えられないような現象に出会います。誘電体バリア放電の誘電体が開発出来たのもそのおかげです。安価なプラズマは世の中を変える起爆剤になると信じてさらなる開発を続けています。Twitterでのお問い合わせもお待ちしています。

プラズマによる水の電気抵抗値変化

f:id:techfp8329:20190829113606j:plain

プラズマバブリングによる水の電気伝導度比較

 プラズマが水に対してどのような変化を与えるかの実験の一環として水の電気抵抗値変化を測定しました。

 

 実験は、庭のメダカがいる池の水を採取し、これにプラズマエアーをバブリングして測定してみました。

 結果は上記写真でご覧いただけるようにプラズマエアーをバブリングして行くと、時間とともに水の電気抵抗値が上がっていきます。

 

 これを簡単に考えてみるならば、池の水の中に存在していた導電性の物質がプラズマエアーをバブリングをすることによって減少したということになると思います。自然界で生物が繁殖していた水ですから多くの有機物が混在する条件においてどのような変化が起きているかは今後の分析になりますが、目で見える範囲においては緑色に濁っていた水の透明度が上がっていることだけは肉眼でも確認できました。

 

 次は水のph変化やアンモニア含有量の変化について実験をしてみたいと考えております。結果は逐次上げていきますのでご期待下さい。