大気圧バリア放電、プラズマ、殺菌、脱臭、表面処理、有害ガス分解、環境対策、カビ、ウイルス、耐熱性薄膜

世界一安いプラズマ技術の提供を目指して

いろんなことに興味をもつ技術者の日々の心境の変化を披露します。

プラズマ発生装置

 プラズマ発生素子の形状や大きさに自由度があり、安価に実験装置が提供できると御案内してきましたが、今日はその一例を紹介します。

 

 写真のように、どこにでも売っているポリプロピレンのケースの中にプラズマ発生素子を設置しました。写真をご覧いただければ、どこにも高価な素材が使われていないことがお分かりいただけると思います。

 

f:id:techfp8329:20180723102451j:plain

f:id:techfp8329:20180723102515j:plain

f:id:techfp8329:20180723102532j:plain

 

 しかし、このようなシステムでも、金属や樹脂表面の処理やカビに対する効果などははっきりと確認することが出来ます。

 

 何度もご紹介してきていますが、とにかくプラズマの効果を試してみたいという方にとっては実験装置が高価なものであっては意味がありません。弊社のこのようなシステムでしたら数万円程度で供給することが可能です。低コストで効果が確認できればテスト対象物に合わせた専用の発生素子開発をお打ち合わせの上で進めさせていただくことが可能です。

 専用の素子といっても、使う素材は同じですから、せいぜい形状が変化する程度ですから、当然コストアップにつながるようなことはありません。

 

 プラズマの効果は理解しているけど、準備に費用が掛かってしまうとお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

 

 参考までにこのシステムを使ったカビの実験はこちらのページに詳細が記載されていますのでぜひご覧になって下さい。

 

techfp8329.hatenablog.com