大気圧バリア放電、プラズマ、殺菌、脱臭、表面処理、有害ガス分解、環境対策、カビ、ウイルス、耐熱性薄膜

プラズマをもっと身近な技術にするためのページ

いろんなことに興味をもつ技術者の日々の心境の変化を披露します。

大気圧バリア放電の原理

 今日はもう少し突っ込んでなぜバリア放電が起きるのかを説明しておきます。

 

 平行平板電極,同軸円筒電極などの少なくとも一方の電極に誘電体(絶縁体)を設けて,電極間に交流またはパルス電圧を印加すると誘電体に電荷が集中することによって向き合った電極間に誘電体バリア放電が発生します。そして、放電電流の運ぶ電荷が誘電体上に蓄積することで放電ギャップに加わる電圧が減少し自ら放電を停止します。つまり,誘電体バリア放電は常にパルス的な放電となってジュール加熱を抑制し,連続的な安定した大気圧非熱平衡プラズマを発生します。

 

 ここで重要なのは電極間の放電ギャップであり、これを極限まで小さくすることで少ない電圧で放電をさせることが可能になります。

 

 弊社プラズマ発生ユニットは、誘電体がナノテクノロジーの成果によって構成されているために電極間のギャップを0に近づけることに成功しました。また向き合った電極形状の自由度も格段に向上しています。複雑な三次元形状の電極でも対応することが可能です。

 

 まったく新しい発想から生まれた誘電体が、弊社プラズマ発生ユニットを小型で自由度の高いシステムにしています。さらに、従来用いられてきたガラス・セラミック等の高価な誘電体を必要としないためコストの大幅なダウンを実現しました。

 

 誰でもが簡単に扱うことが可能なプラズマ発生ユニットが出来て初めて技術が飛躍的に進化して行くと考えています。いままで、プラズマを試してみたいけど、価格が高くて手がでないという懸念を持たれていた方にも安心して開発に取り組めるユニットを供給できると考えています。

 

 弊社では、このチャンスにより多くのアイデアが生まれ、実用性の高いアプリケーションが生まれてくるお手伝いをするための研究開発を続けて行きます。この夏休みに少し想像力を掻き立てていただき斬新なアイデアを考えてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:techfp8329:20180209075432j:plain