大気圧バリア放電、プラズマ、殺菌、脱臭、表面処理、有害ガス分解、環境対策、カビ、ウイルス、耐熱性薄膜

世界一安いプラズマ技術の提供を目指して

いろんなことに興味をもつ技術者の日々の心境の変化を披露します。

沈降防止技術

液体の中に比重の重いフィラーを混合すると、フィラーが沈降してしまい液体の底の部分に固まってしまうという現象が起きます。液体の中にフィラーをきちんと分散させるにはこの現象を抑える技術が必要になります。

弊社ではナノテクノロジーの応用でこの現象を防止する技術を確立しております。

Img_009201

これは、エポキシ樹脂に白色LED用の蛍光体フィラーを入れて硬化させた写真です。
蛍光体は比重が5.0を超えていますので非常に思い物質となっています。
写真の左側は沈降防止をしないで硬化させたもの。右側は沈降防止をしたものです。

上からの写真ではわかりにくいので断面で見てみます。
まず、沈降防止をしていないものです。

Rimg046101

底の部分に蛍光体フィラーが固まっているのが分かります。

次に沈降防止をしたものです。

Rimg046201

沈降防止を行うと蛍光体フィラーが沈み込むことなく液体の中にきれいに分散しているのが分かります。

液体中に各種フィラーをきれいに分散させる技術は非常に難しいものですが、弊社では多くのナノフィラーを扱ってきた経験から比重の重いフィラーを沈降させることなく分散させる技術を確立しております。
分散技術にお悩みの方は多いと思います。
ぜひ一度弊社にご相談ください。