大気圧バリア放電、プラズマ、殺菌、脱臭、表面処理、有害ガス分解、環境対策、カビ、ウイルス、耐熱性薄膜

世界一安いプラズマ技術の提供を目指して

いろんなことに興味をもつ技術者の日々の心境の変化を披露します。

プラズマの樹脂表面処理2

前回の実験ではプラズマ電極に挟み込む形で実験をしましたが、今回は近距離でプラズマを照射する形で実験しました。プラズマ発生装置にPETフィルムを巻き付けて照射を行いました。フィルムを巻き付けていますからフィルムが二重になっている部分があり、内側にはプラズマが当たりますが外側にはプラズマは当たっていません。

Dpp_0013
 
この状態で照射します。
 
Dpp_0014
 
そして、照射後の状況です。まずプラズマが当たっていないところではフィルムは撥水性のままで変化はしていません。
 
Dpp_0017
 
続いてプラズマが当たった部分ははっきりと親水性に変化しているのが分かりました。
 
Dpp_0018
 
両者を比較してみると、プラズマが当たった部分のフィルム表面はかなり奇麗な状態であるのが見て取れます。
 
Dpp_0019
 
このように、樹脂表面に関しては近距離でプラズマ照射することでも表面の改質が可能であることが分かりました。このような能力を利用できる分野は多々あると思います。ぜひ、うまく利用出来る方法を検討してみて下さい。
 
とにかくコストをかけずに最大の効果を発揮出来るツールをうまく使って欲しいと考えています。